超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

仕事

障害者雇用の面接で聞かれること。

↑知念の海です。本文とは関係ありません。 さて、今日、一般就労の面接に行ってきた。緊張してカミカミだったけどなんとか好感触は得られた。情報共有の意味でも、障害者雇用の面接で聞かれることをエントリーとして上げとこうと思う。まぁ、正確に覚えてい…

スタートアップとベンチャーの違いって未だに分からない。

今の職場に努めてそろそろ半年近くになったけど、この会社の問題点も色々と見えてきた。人材リソースのマネージメントが全く出来ていないんですね。開発部の一人ひとりに、一人一案件ベースで仕事を任せているんですけど、これはトラックナンバー1である。…

普通のプログラマの生存戦略。

つらつらとネットを巡っていると下記の記事に出会った。増井雄一郎さんというプログラマのインタビュー記事だが、突っ込みたい所と参考にしたい所があったのでエントリーにしてみよう。 ITの変化は激しい、だから個人にチャンスが巡ってくる プログラマ増井…

日々の泡。

ようやく週末。今週一週間も頑張った。最近、自己啓発系の文章を多く書いてるので気分を変えるために仕事の事なども書いてみよう。あんまりあの手の文章ばかり書いていると意識が高ぶって自分を追い込むような気がするから。 新規のプロジェクトを任されて開…

上司が言うことはさほど悪いことばかりじゃない。

さて、新入社員向けの啓蒙記事が結構なはてブを稼いだりしてるのを横目で眺めながら、自分も最近転職したばかりなので参考になるな〜とかこれはキツすぎるだろと思って読んでいるのです。 ただまぁ、周囲のリアクションが結構過激だなと思う。まぁ、自分も会…

仕事しながら成長するには?

「成長する発想」と「成長しない発想」 | sogilog 昨日に引き続きまた仕事と生き方について考える。上記のエントリを読んで勉強になったと思いました。 なんというか、自分とかぶる所があるんですよね。僕も、自分に何か特別な発想があると思い込んでいまし…

プログラマとして幸せな職場とは?

KAIZEN platformが伊藤直也氏とやってきた、開発現場の暗黙知をなくすチーム運営術【連載:エンジニアの幸せな職場】 - エンジニアtype 伊藤直也さんは尊敬しているエンジニアの一人。仕事でのコミュニケーションについてインタビュー記事を読んで参考になっ…

仕事のスケジュールは緩急つける

らしいです。*1たとえばコーディングでばりばり進めないといけない仕事があるとしても、時間の全てをコーディングで埋め尽くすのは精神的にもむりです。人間の集中力の限界は90分が限度。まぁそうじゃなくても緊急案件が入ってきたり、上司や同僚が話しかけ…

発達と成長(情報業界編)

注意、自己確認用のメモなんで非常にダルイ文章です。*1 自分が本当にやりたい仕事をやるべき。しかし....:永井孝尚の写真ブログ:オルタナティブ・ブログ とりあえず、エリクソンの発達理論を確認する。 II−4 発達の理論 乳児期 信頼感vs不信感 幼児前期 …

プライバシーポリシー免責事項