超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

「カードを使ったおはなし作り」用のスクリプトを書いてみた


http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-244.html


上記より参照。ちょっと抜粋。


==========こっから下==================

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/16(日) 22:05:52.53 ID:PY7kLCtQ0
============================================
            / ̄ ̄\    やらない夫の物語作り講座
          /   _ノ  \    『カードを使った<おはなし>作り』とは?(物語の体操より引用)
          |     -□-□)
          |     (__人__)   
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }     まず、適当に厚紙か何かを切って、24枚のカードを作ります。
              ヽ        }      そして、そのカードに下記の文字を書いていってください。
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

┏━━┳━━┳━━┳━━┳━━┓
┃意志┃清楚┃理性┃秩序┃知恵┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃誓約┃善良┃節度┃至誠┃生命┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃寛容┃解放┃調和┃創造┃信頼┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃公式┃変化┃結合┃厳格┃勇気┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛
┃幸運┃庇護┃治癒┃慈愛┃
┗━━┻━━┻━━┻━━┛






273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/16(日) 22:06:45.12 ID:PY7kLCtQ0
そしてそれをシャッフルしたのち、文字を見ないように、以下の配置に並べてください。
逆さまでもかまいません。
         ┏━┓
         ┃  ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
         ┏━┓
         ┃  ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛





274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/16(日) 22:07:03.37 ID:e20pZr340
ちょっとやってくる






275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/16(日) 22:07:22.43 ID:PY7kLCtQ0
実はこの配置は、このような体系を示しています。
         ┏━┓
         ┃4 ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃3 ┃┃1 ┃┃2 ┃┃6 ┃
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
         ┏━┓
         ┃5 ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
1:主人公の現在
2:主人公の近い未来
3:主人公の過去
4:援助者
5:敵対者
6:結末(目的)






278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/16(日) 22:08:32.10 ID:PY7kLCtQ0


            / ̄ ̄\        カードの単語は、その体系の状態を示しています。
          /   _ノ  \      逆さまに配置してしまった場合は、その単語の逆の状態を示しています。
          |     -□-□)
          |     (__人__)     例えば、選んだカードが
             |     ` ⌒´ノ      「1:創造」「2:解放(逆さま)」「3:厳格(逆さま)」「4:慈愛」「5:秩序」「6:生命」
              |         }      だった場合、
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      主人公は以前は【厳格(逆さま)】で、今は【創造】の状態にある。
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_    その後【解放(逆さま)】の状態を経て、最終的に【生命】の状態に行き着く。
                          その時援助してくれるのは【慈愛】であり、敵対するものは【秩序】である。

                          という物語の展開に結びつけることが出来ます。
                          あとは、そこに適当な世界観やキャラクターを当てはめていくだけで
                          <おはなし>が作れちゃうのです。


                          大事なのは、カードの単語を見ないで、ランダムで配置すること。
                          与えられた物語の「状態」だけでいかに
                          物語そのものを思いつくことが出来るか、
                          が重要なのです。


=============ここまで==================


でカードをつかった小説練習法があるのですが、カード作るのがめんどくさいのでスクリプトかいてみました。

#ランダム配列取得クラス
class Array
  def choice
    at( rand( size ))
  end
end


story_arr = ['意志','清楚','理性','秩序','知恵','誓約','善良','節度','至誠',
             '生命','寛容','解放','調和','創造','信頼','公式','変化','結合',
             '厳格','勇気','幸運','庇護','治癒','慈愛']

story_arr_temp = []
for i in 1..24
  temp_str = story_arr.choice
  if story_arr_temp.index(temp_str) == nil
    story_arr_temp.push(temp_str)
  end
end

posion_arr = ['','']

method_arr = ['1:主人公の現在','2:主人公の近い未来','3:主人公の過去',
             '4:援助者','5:敵対者','6:結末(目的)']

method_arr.each{|loop|
  puts loop + ' ' + story_arr_temp.pop + '(' + posion_arr.choice + ')'
}


このスクリプトを実行すると、


1:主人公の現在 解放(逆)
2:主人公の近い未来 幸運(正)
3:主人公の過去 寛容(正)
4:援助者 勇気(逆)
5:敵対者 生命(逆)
6:結末(目的) 公式(逆)


というようにランダムでプロットの方針が出力されます。あとは方針に従ってプロットを書く。



下記のリンクで出力します。ランダムで出力されるので更新すれば新しい結果が出ます。


おはなしカード出力


量書くための練習にはいいかもしれません。

プライバシーポリシー免責事項