超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

githubを使ってみた


とっても優しい github の使い方 - ¬¬日常日記


gitの詳細などは上記のエントリーが参考になると思います。

今回使い始めてみて、Windowsからgitを使ってgithubに接続する際にsshの認証鍵で詰まったので、そのあたりをメモ


Windowsだとgitを使うためにはCygwinなどを使ってインストールする必要がありますが、msysgitCygwinをインストールせずにbashlinux基本コマンドツールがインストールできるのでこちらを使います。


それでSSHの接続を可能にするために秘密鍵の作成の必要があるので、Git bashを起動して次のコマンドを入力します。

ssh-keygen -C “username@email.com” -t rsa


すると下記のように出てきますのでEnterを押します。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/c/Documents and Settings/yuki/.ssh/id_rsa):


パスワードを聞かれますので、任意のパスワードを入力してください。

Enter passphrase (empty for no passphrase):


すると以下の様に表示されて秘密鍵ができあがります。

Your identification has been saved in /c/Documents and Settings/yuki/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /c/Documents and Settings/yuki/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
ce:fb:88:bf:2d:a6:c3:aa:fe:e7:a4:37:07:72:ea:83 hogepiyo@gmail.com


今回使用する秘密鍵はid_rsa.pubの方なので、そちらを適当なエディターで開いて内容をコピーしてください。
場所は C:\Documents and Settings/[ユーザ名]/.ssh/id_rsa.pub になります。


今度はGithub側に移ります。accountを開くと、SSH Public Keysという項目がありますのでそちらに先ほどコピーした公開鍵をペーストして保存します。
Titleは自分の好きな物をつけても問題ないようです。


あとは、ローカル側にてGitのポジトリを作って、Githubにcommitします。
Githubでは新規にポジトリを作成したときに、追加する手順が出てきますのでそちらの方を参考にします。

Global setup:

  Download and install Git
  git config --global user.name "Your Name"
  git config --global user.email hogepiyo@gmail.com
        

Next steps:

  mkdir vimrc
  cd vimrc
  git init
  touch README
  git add README
  git commit -m 'first commit'
  git remote add origin git@github.com:yuki2021/vimrc.git
  git push origin master


git push orgin master の際にパスワードを聞かれますのでそのときは秘密鍵を作成したときのパスワードを入力すればOKです。

追記 2009/07/15 21:54:05

Githubでは一度コミットしてpushしないと、error: src refspec master does not match any.と怒られるみたいです。

プライバシーポリシー免責事項