超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

project.vimの使い方


インストールはしてたのですが全く使う事が無かったのですが、使い始めてみるとなかなかこれがすばらしく便利なのでメモします。ちなみに環境は Windows + 香り屋vim なので適時読み替えてください。

project.vimのインストール


まずはファイルをダウンロードしてきて解凍します。


project.tar.gz - Organize/Navigate projects of files (like IDE/buffer explorer) : vim online


解凍しますとpluginディレクトリとdocディレクトリができます。その中にはそれぞれproject.vimとproject.txtがありますので、vimの該当ディレクトリにコピーします。自分の環境では下記です。

  • project.vim
    • C:\vim\runtime\plugin\project.vim
  • project.txt
    • C:\vim\runtime\doc\project.txt


以上でproject.vimのインストールは完了です。

プロジェクトの作成


ディレクトリ内の指定拡張子のファイルをIDEのファイルエクスブローラーの様に表示できます。ファイル名の上でエンターすることで、一つ前にフォーカスしてたバッファにファイルを展開できます。


ノーマルモードで:Project [プロジェクト名]とすると新規作成できます。また、左側のプロジェクトバッファ上で\Cとしてやるとウィザードモードでプロジェクトの読み込みが行えます。


この際、注意点はCは大文字にしてやらないと下位ディレクトリを読みに行かないようです。


↓こんな感じになります


プロジェクトの操作


ファイル名の上でエンターするとファイルを開く。


ディレクトリ名の上でエンターもしくはzaで折りたたみ・展開。


\Rディレクトリ内のファイルを全部表示。


\gでファイルgrep。小文字gだとそのディレクトリ内。大文字Gだとそのディレクトリ以下。*1


filterを使って、表示する拡張子を変更できます。下記ではCakePHPの空プロジェクトの一部を表示してます。filter="*.php *.ctp"とすることで、そのディレクトリ内のPHPファイルとctpテンプレートファイルを表示できます。

project_cake=C:\xampp\htdocs\cake CD=. filter="*.php *.ctp" {
 index.php
  app=app {
   config=config filter="*.php" {
   acl.ini.php
   bootstrap.php
   core.php
   database.php
   routes.php
    schema=schema {
    }
   }
}


最後はやっぱりこれです。 :help project


■参考サイト様

project.vim - ソースコード備忘録

project.vim を使ってみる - Hidde’s Tips

HOSHINA's Diary.NET(2007-08-20)

*1:しかしWindowsだと/findstrで探しに行くようなのですが、どうもあらぬところを探してるようす。追加調査っすね

プライバシーポリシー免責事項