超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

色々と注意信号が出てて不味いなぁ。


まぁ、ここであんまり自分の経験や仕事の事は書かないでおこうと思ってるんだけどね。誰が見てるか分からないし。それに僕の人生はハードモードなので、わりかし危ない目にも会っている。前に勤めていた会社はやってることも勤労形態もブラックだったので本気で心を折られた。というかマジに行政・刑事関係が絡むアングラな企業だったので危なすぎてここにも詳細は書けない。訴訟沙汰は勘弁である。


現状のお仕事はホワイトだし、危なそうな人は居なさそうで安心している。しいて言うならば自分がいちばん面倒臭そうな人間ですな。なんとか改めなきゃなと思う。人と絡むのが好きじゃなくて、気合を入れないと雑談もできないんですよ。


でまぁ、不満はあまりないのですが、強いていうならば勤務の拘束時間が長すぎてヤバイなぁと。


今の職場は裁量労働制なので普通に残業があるんだけど、これはIT系では普通のことなのであまり気にならない。むしろ、ちょっと残業があるだけで「ブラックだ!」と騒ぎ立てて仕事を辞めてしまう人の方にも問題があると思う。残業が本当に嫌な人は派遣で働いてみるといいだろう。あれは確実に18時定時には帰れる。


ただここで言ってもいいのかわからないけど僕は以前、一度精神をやられたことがあって、ストレスを溜めたり睡眠時間を削るのは命に関わりかねないのです。だから、意図的に疲れないようにサボっているし、計画的に早く帰れるように仕事をしている。


以前の僕は、いつも終電以降に帰るから自転車で通勤していたりと結構な無理をしていたんですが、地獄を見ました。心も身体と一緒で傷ついたり、病んだりするものです。一度病むと健康のありがたみが分かります。自分の心がコントロールできなくなるというは原形質の恐怖を直接叩きつけられる様なもので、本当に危なくて日常が怖くなりますよ。


ちょっと、ぼーっとしていて何も手に付かない事があったりするので気をつけないと不味いな。テンポをスローダウンさせようと思う。


自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る



人気ブログランキングへ

プライバシーポリシー免責事項