超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

文章上手くなりたいけど、やり方が分かんない。

f:id:yuki_2021:20160918184934j:plain:w300


はてブ界隈をうろうろしていて最近話題なのは、起業するために大学辞めますの彼だ。大学中退して実際に苦労している方のエントリーなんかを読むんだけど、みんな文章うめーの。こんな風にレベルの低い文章を書き散らしてる自分が恥ずかしくなっちゃう。


件の彼に付いては、はてブでレスが付いたけど案の定、的はずれな解答しかもらえなかった。ま、炎上中で忙しいってことあるだろうけど、もうちょっと他人の文章を読み解く力を持たないとブロガーとしては力不足でしょうね。ましてやブログで100万稼ぎたいって言ってるぐらいなんだから短時間で文章の要点を見抜く力をもたないと致命傷になるよ。まぁいいや、彼については今後は傍目から定点観測するだけの関係だ。どんな大成功をするのか期待してる。


まあともかく、色んな人の人生語りを読んでいて文章が上手くて劣等感がバリバリ刺激された。こんな人生を語れるイベントってのはなかなか無いからね。ブログで書く事ってのは人生経験が物を言う世界だ。悪く言えば他人のブログの文章は人生の切り売りで読者の興味を惹きつける事ぐらいしか読む価値がないってことだ。いままでどんな社会で生きていたか、どんな人と会ってきたか、どんな本を読んできたかなどを総括して文章に注ぎ込んでエントリーとして成立させる。ブログで読ませる文章は凄まじい人生経験をしている人ばかりだ。


僕の人生から書き出す文章は全然未熟だ。人生経験もそれなりにしているつもりだけど、上手い人と比べるとまだまだだなと思える。社会人経験も10年以上しているし、それなりに本を読む人生を送ってきたし、統合失調症というマイノリティー視点の生き方もしているし、人生の切り売りをするならそれなりに読ませる文章を書けるのではないかと思っていたけど、実際に毎日ブログで文章を書いていると、全然足りない。文章に血肉が入っていない。魂がこもっていない。


技術を学ぼうと小説なんぞの描写を勉強しているのだけど、そこから得られる技術は全然生かせない。僕はブログの他に小説も書くのだけれど、pixivの『小説家志望』のコミュニティでは「奥行きが感じられない文章」と酷評された。描写はねぇ、ほんと苦手なの。どちらかと言うと僕の創作技法は物語類型を利用したプロットのストーリ展開で読ませる小説を書くタイプ。だから描写だけで書かれる様な幻想小説には凄く惹かれる。描写ができないと場面々々で読者を物語世界に引っ張りこむことはできない。描写の技術をまなんで酷評した連中をギャフンと言わせたいね。


結局のところ文章を上手くなるにはどうしたら良いのか? それに対する答えは僕的には毎日書け、みっちりと書けとしか言えない。僕もまだ全然練習不足よ。はてなには毎日1万字クラスのエントリーを毎日上げまくる人もいる。僕はせいぜい1日1500字程度のエントリーしか書けない。書こうと思えば幾らでも文章は長くすることができるけど、水っぽい薄い文章だけにはしたくない。内容も含まれていて面白い文章を書こうと心がけているつもりだ。ブログで内容が深い文章を書こうと思えば、やはり人生経験でしょうね。この辺りは実際に生きてみるしかない。経験すべてが文章につながるのだ。


生きている事全てが勉強だ。文章力は毎日書いていれば付くし、ブログを書いていることで得られる経験もある。文章を書くという死ぬまで楽しめる趣味だよ。楽しみながら毎日書いていれば、何時かは理想の文章にたどり着けるだろう。

プライバシーポリシー免責事項