超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

2017年、このブログで読む価値があるエントリー大賞。

f:id:yuki_2021:20171226190309j:plain:w300


年末進行用のストックで書かれた記事である。僕のブログの書き方は、その日一日で思いついた事をスケッチする意味合いが強いので、あんまりこういう事はしないんだけど、無策で年末進行すると流石に忙しすぎて死んじゃう。忙しくなる前にストックで2~3記事、適当なエントリーを書いておこう。


年末のスケジュールは28日には大掃除で仕事納め、その後忘年会。この日はブログを書くのは無理だと思われるので予約投稿で対応しようと思う。2018年1月1日は初日の出ツアーに参加することになっているので、大晦日は早めに寝るのでブログ書けないと思う。どっちもブログを休みにすりゃいいんだけど、それもなんか気がひけるので適当なまとめエントリーなんぞでお茶を濁しておこうと思う。


っつってもなー、何書くかね。今年の汚れ、今年のうちに、2017年のオススメエントリーでもまとめておこう。ちなみに2016年のオススメまとめ記事はこちらになっております。


www.ituki-yu2.net


2017年は1年間毎日書いたので365記事ある。アクセス数でランキングしようかとも思うけど、アナリティクスで絞り込むのが面倒くさいので却下。大した記事は書いていないので大きなバズも無かった。でもまぁ、ブログ運営の上では下手なバズは無い方が精神衛生上良い気がする。変なバズり方すると「互助会」だとかネガコメをねじ込む奴が必ず一人は発生するからね。あれへの対応方法でのオススメは、そいつの過去のブクマをつぶさに調べた上でidコールで言及である。はてブなら反撃されないから一方的にネガコメを書けると思ってる内弁慶が大半だからである。ま、そういうアグレッシブな事をするんであれば敵をよく確認しないと危ないんだけどね。もしidコールした先がはてな村の人気ユーザだと、ヘイトが上がってカチこんでくる鉄砲玉が増えるから逆効果。一番いいのは無視して存在を忘れることかもしれない。


僕のブログのアクセス経路は60%がGoogleからのオーガニック検索流入だ。で、その次がDirectなんだけど、Directが増えてもあんまり良い事でもないんだよな。業者がリファラスパムをするためにbotでアクセスしてきてもDirectの数が増えるらしいからさ。今のところ異常な数というほどでもないけど、そこまでこのブログをブックマークなどに登録して直接アクセスしてくれる人が居るのかどうかはアナリティクス見てても良くわからない。まぁ滞在時間が2分ぐらいなので読まれているのではあるんだろう。


あ、今年のオススメエントリーであったな。さっさと3つほど選定して賞を付けておこう。


豚もおだてりゃ木に登るで賞


www.ituki-yu2.net


365日更新記念。おだてられて木に登った馬鹿がいる。なにが悪いというわけではないがこういう悪ノリは二度としない。何かと強面な文章を書いて勘違いされがちなのだが、割とノリが良いのでおだてられると調子に乗ってなんでもやっちゃうタイプである。後から読むのが恥ずかしすぎてどうしようもない。


別に365日連続更新自体はそんなに凄い事でもないんだよね。ちょっと他の人のブログでも探してみると365日連続更新はいないわけでもない。まー、多分、ブログ始めた人の内の500人に1人ぐらいしか居ないんじゃないかと思うので比較的には偉業ではあるんだけどね。僕は12年このブログを続けているけど、連続更新は断続的にしかやっていない。これからの継続が肝心だなーと思う。目標は死ぬまで書くことである。


2017年の重大イベント賞


www.ituki-yu2.net


統失プログラマ爆誕の瞬間である。うーんどうなんだろう、ブログ村の統失カテなんかを確認していると、統合失調症のエンジニアはいないわけでもないね。


2017年の私的重大イベントのNo1は就職だったね。お陰様で仕事は続いている。来年からは週5勤務になるので今以上に忙しくなってくるだろう。


今年のマイベスト賞


www.ituki-yu2.net


僕はブログの文章はそれほどかっこよさを意識しているわけでもないが、スッと入ってサッとやってバーン!みたいなノリで私的に一番カッコイイ文章を書けたのではないかというエントリーがこれ。僕の人生においての指針は、派手さはないけど地味な積み重ねをモットーにしているので、ここで表現している論理がまさしく理想。


まー、このエントリーを書くために今年一年のエントリーを読み返してみたけど、初期の文章は酷いな。1年間書き続けることでやっぱり進化している。こんな感じで来年も書き続けているのでよろしく。

プライバシーポリシー免責事項