超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

Google Search Consoleで気になったキーワードなどを晒してみよう。

f:id:yuki_2021:20171008234645j:plain:w300


林先生の精神科Q&Aまとめをやろうかとも思ったが、最近、まとめエントリーを作る旨味がなくなってきたのでどうしようかなーとも思うんだよな。


林先生の精神科Q&Aまとめの検索順位って、以前は本家のすぐ下に自分のブログのまとめが来る理想的な状態で結構な検索流入があったのよ。最近、独自ドメインに変更したせいか検索順位の変動が発生して、8~9位ぐらいにまで落ちてしまった。


んー、Google Search Consoleなんかを確認してみたけど、検索回数が多いキーワードで1位を取ってるのって「aska 統合失調症」ぐらいなもんだな。他に「ラエリアン・ムーブメント 合宿」で何故か上位を取ってるのだが、こいつに関してはあまり上位になっても困る。信者が押しかけてきてもまともな会話が成り立つとは思えないんだよな。


Google Search Consoleでブログに流入してくる検索キーワードを調べていると面白いものが見つかることが多い。今日はそのあたりの紹介をしてみよう。


まずはこのキーワード。


「なんでもリアルから始まるって本当?僕はウエブから始めてもうまくいくと思っているんだけど」


なんかブログの名前みたい。ワキガとか体臭の特化ブログ。検索数1だし、検索順位133位なのになんで僕のブログに辿り着いたかは謎だ。多分、ブログ主が検索して類似する記事なんかを調べていたんだろうな。


質問形のブログ名ってSEOに強いとかあるんだろうか? それにしたって体臭の悩みの特化ブログで「なんでもリアルから始まるって本当?僕はウエブから始めてもうまくいくと思っているんだけど」というのはSEO的にはまったくブログ名の意味をなしてないと思う。「体臭のお悩みラボ」あたりの無難な名前に変えておいたほうがよろしいのではないだろうか?


次はこれだ。


「サンタ 赤い服 返り血」


この記事のタイトルのせいで4位に表示されている。


www.ituki-yu2.net


まったく不真面目な毒男的エントリーである。去年のクリスマスは散々であった。クリスマスイラストを描きながら2ch毒男板やvipを彷徨うという暗い人生を証明する年末を送ったのだ。その時に今年のクリスマスこそは彼女作ると誓ったはずなのにその雰囲気にすらならない。そもそもなんだけど、出会いがないし、そのための営業努力すらしていないから当たり前だ。結婚適齢期から考えると後期に入りつつあるのに何を余裕ぶっこいてるのだ。グチグチ言わずにさっさと婚活パーティーあたりに進撃しときゃよろしいのである。まぁ、婚活パーティーとか心折られる奴が続出する戦場らしいというのは聞いているんでドキドキするんだけどな。



次。


「東方失調症」


……その発想はなかった。結構、検索上位に僕のブログが有る。確かに東方Projectをしょっちゅうなんやかんや論じている統合失調症当事者って僕ぐらいだもんな。いや、だけど東方ファンの統合失調症当事者って読者様に一名ほどいらっしゃるぞ。


この検索ワードで引っかかる人たちって東方界隈のメンヘラクラスタが沢山いるな。「東方失調症」で同人誌作ろうみたいな意見を書いている人もいる。


発想としては悪くない。フランドール・スカーレットとか古明地こいしあたりを使ってできなくはないな。でも僕はやんない。この病気と東方は絡めたくない。結構、僕の中では幻想郷ってかなり理想化された世界でさ、不幸な病気とか理不尽な暴力は極力入れたくないんだ。僕の作品の中ではどんなにキャラクターが苦しんだとしても最後は報われるハッピーエンド至高主義を取っている。幻想郷で不幸になるキャラクターは見たくないんだ。


最後、僕の疑問。


はてなブログ 読者 増やす」


なぜかこのキーワードで上位に来るエントリーが有る。


www.ituki-yu2.net


僕だって分からんよ逆に知りたいぐらいだ、んなもん。基本的には積極的に自分から周りのブロガーさんに絡んでいくことぐらいしか方法ないんじゃないかなーと思う。面白いと思ったブログにはスターを付けて読者登録。こまめに巡回してちゃんと感想をブコメで伝える様にしていたら、良好な関係は築ける。というか、上記のエントリーでも書いたけど、読者数って面白さとは何の関係もないよ。それこそ読者数だけを増やす裏技が知りたいって言うなら互助会リストの上位をひたすら読者登録してたら増えると思う。


相互ブクマはてなブロガーリスト

プライバシーポリシー免責事項