超メモ帳(Web式)@復活

小説書いたり、絵を描いたり、プログラムやったりするブログ。統失プログラマ。


SPONSORED LINK

book

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』(ふろむだ著)を読んだ。

今日はマラソンの日だったんだけど、朝は雨降って行かなかった。まー、体を運動になれさせるのが目的ぐらいのもので最近のは別に鍛える目的ってわけでもないけど、とりあえず、週3日の合計15kmは規則正しく走り続けようと思ったのである。 でも、走る人…

『お金は寝かせて増やしなさい』水瀬ケンイチ著を読んだ。

今日も適当に気になったWebのニュースから紹介しておこうかな。毎日更新ってのはパターン作らないとやってらんない所があるから、こんな感じのルーチンにしておこう。 www.buzzfeed.com 検索最大手Googleが11月上旬に実施したアップデートで、検索結果にこれ…

「バビロンの大富豪」を読んだので感想など。

今日は朝ランニングに行ってから仕事にでかけた。ランニングは習慣化できているな。膝が多少痛むではあるが、走ることに問題は特にない。 足が痛むから整体でバランスを見てもらったことは書いたっけ? 歩く時に足の裏の外側に体重が流れてしまっている。こ…

Audibleで「ロング・グッド・バイ」を聞き終わったのでその感想など。

さて、今日もブログを書いていくか。今日も例のごとく仕事をやって、夜帰ってきて日課のブログを書いているって感じだ。このブログは日記的な役割も果たしている。 筋トレ先生の教え。やる気に頼っていてはダメ。本当に大切なのはやる気の出し方ではなく、や…

車で通勤するけど読書をする時間がない人には「Audible」がおすすめですよ。

一応ね、僕はねプログラマなんですよ。だから日常的に技術書を読んで勉強しているってのはあるんです。 今、徳丸浩先生の「安全なWebアプリケションの作り方第二版」をちょっとずつ読んでいるんだけど、これが終わったらなんかpythonの機械学習系で良さげな…

「生きるとは、自分の物語をつくること」(河合隼雄・小川洋子)読了。

今日は金曜日。酒を飲んどります。銘柄は泡盛の「海人」。いつものやつですね。とりあえず日曜日に質問回答しますのでマシュマロ置いときます。 marshmallow-qa.com 今週はまだ一件しか届いていないですね。大体3件ほどは答える余地があるのでドシドシどう…

「ウォール街のランダム・ウォーカー 第11版」を読んだ。

今日は沖縄、めちゃくちゃ暑い。11月なのに28度もあるぜ。今日は走ってきたから記録を付けておこう。 膝は痛かったけど、走ってたら治った。でも、このエントリーを書いている時点では痛いな。やっぱり体重を落とさないといけないんだと思う。ランニングでは…

『人生の勝算』(前田裕二著)を読んだ。

最近、kindleの読書端末を買ったんですよ。ここでちらっと触れましたよね。 www.ituki-yu2.net めっちゃ良いですね。読書に集中できるし色んな本を読むのが楽しくなっている。そこでまぁ、読書量を増やす方法なんぞを調べているんですよ。twitterでこんな情…

山田ズーニー著『理解という名の愛がほしい。』を読んで。

さて、今日の夜は飲み会なので会社の昼休みにちょっぱやで書く。思いつきでだだーっとばばーっと書く。 さて、昼休みにはいつも「ほぼ日刊イトイ新聞」を読むのであるがその中でも「おとなの小論文教室。」が好きだ。 ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教…

「ふたご」藤崎彩織著、読了。

さて、今日はご報告から。これをご覧頂きたい。 今日の更新で500日連続更新。おめでとうございます。ありがとうこざいます。 まぁ、こんな零細ブログがどれだけ連続更新しようとも世界の趨勢には何にも影響は無いのだが、世の中には合理的な理屈では測りきれ…

「隠れた能力をどこまでも引き出す 苫米地式コーチング」(苫米地英人)を読んだ。

今日はブルーマウンテンNo1を買ってきちゃった。行きつけのコーヒー専門店がクリスマスキャンペーンしていて、30%増量サービスしてたのよね。なおかつ、馴染客向けの50%増量クーポンを持っているのでお買い得な買い物ができた。ブルマンはメチャ高いか…

今日読んだ本と、糖質制限本で思うことなど。

今日は病院受診日だったんだけど、本当にやること無いんだ、あそこ。みんなタバコばっかバカスカ吸ってるんで臭くて最悪。僕は禁煙してからタバコの臭いが本当に駄目。あそこにいるのは全員ニコチン中毒なんで一日中安タバコを吹かしている。安タバコって特…

「統合失調症セキララ とーしつ娘は問題児?」(藤木美和著)を読んだ。

昨日の糖質制限ダイエットに関する記事は意外と反響が大きかったな。色々と調べてみたんだけど、糖質をいきなり全部カットすると倒れたりする可能性があるらしい。僕は食べないと低血糖をたまに発生させたりするからな。ご飯の量を制限する辺りから始めよう…

秋の夜長にオススメ徹夜本4選。

本題に入る前にちょっと宣伝。統失ブロガー仲間のあけみさんが本を出版したらしい。 akemi-0615.hatenablog.com すっげー、マジリスペクトっすよ! いやはや、ブログをすごろくに例えるならば上がりは単著出版っすよ。なにを謙遜しているのか知らないけど、…

秋の晴れた日に三国志の話をする。

台風一過って奴かね、完全に秋の空になっている。朝晩が微妙に寒いぞ? そりゃ、9月も後半に入れば完全に秋だろうな。 まぁ僕の一番好きな季節だな。なんとなく物寂しさを感じる時期じゃないですか? こういう質感というかクオリアが好き。 「天高く馬肥ゆ…

『劇場』(又吉直樹)を読んだ。

又吉直樹という作家に対して僕の評価は微妙である。『第二図書係補佐』に関しては爆笑した。卑屈な表現がうまいエッセイストだと思う。『火花』の芥川賞受賞は完全に芸能人枠なんじゃないか?と疑問視している。齋藤智裕(水嶋ヒロ)の『KAGEROU』程は酷評さ…

『働く男』(星野源)を読んだ。

参照:ファイル:Gen hoshino.jpg - Wikipedia 星野源という人物については実はよく知らない。「逃げるは恥だが役に立つ」については全然見てないし、オールナイトニッポンは面白いとは聞いているが聞く気にはなれない。ガッキーについては、僕は実は遠からぬ…

「脳はなにかと言い訳する」(池谷裕二)を読んだ。

ネタ切れ。日常生活で何かしら書くべきことがあるかと見回してみたが、特に書くような事はない。 台風三号が本土に行ったね。台風三号はすごい勢いで沖縄のそばを通過していったので、意識もしないうちに去ってしまった。ていうか、沖縄県民にとっては台風は…

「ネット炎上の研究」(田中辰雄・山口真一)を読んだ。

ネット炎上に関する本ってのは色んな人が書いているけど、ここまで統計をきちんと取って論理的に論じている本はないだろう。内容に関しても炎上をただの悪いものとして扱って批判的に書くのではなく、これまでの歴史的な社会制度の立ち上げから「ネット炎上…

『蜂蜜と遠雷』(恩田陸)がスゴ本だったので紹介したいんだが伝わるかどうか……。

うーんどうだろう。「蜂蜜と遠雷」を紹介するのは今更な気がする。このブログではたまに書評も書いたりするんだが、書評系ブログにメンチ切るにはあまりにも僕の読書量は低い。まぁ僕は他にも恩田陸の本を読んだりはしているからそのあたりを切り口にしてダ…

『職業としての小説家』村上春樹著。

恥ずかしながら文庫化されるまでこんなもんが出版されているとは知りませんでしてな、書店で見かけて慌てて買い求めた。 率直な感想としては村上春樹がこんな本を書いてしまうのかーって感じ。この人は絶対、文章読本みたいな本は書かないと思ってた。まぁ内…

今日はデイケアなので本を読んできた。

今日は月一の外来受診日でデイケアに行ってきた。iPhoneでデイケア中にブログの下書きをしたんだけど、あまりにも差別的な表現が多くてボツにした。なんだろうねー、あまりにも不愉快な場所であるというのはこのブログで何度も書いたから読者諸氏もご存知だ…

年越しで読むつもりの本達を紹介しよう。

昨日飲み会で散々飲んだから午前中はぶっ潰れていた。二日酔いしてないだけマシだけど、いい加減いい歳なんだからガキみたいな飲み方をしたらいけないなと思った。飲んだのはビール中ジョッキ2杯、泡盛水割り2杯、電気ブランのロック。家に帰ってきてもロ…

素人物書き視点の読書の日々。

今日は2冊の本を読んだ。書評というのもおこがましいが、軽く感想などをジャブをかましながら書いてみようと思う。僕は素人ながら物を書こうと志を持っている人間である。だから読書する時は、作者がどんな視点を持ちながらどういう風に書いたのかとか、こ…

フロイトの精神分析って、今時臨床で使ってる人いるんだろうか?

今日は外来受診の日でデイケアに行った。僕はこの精神科デイケアが心底嫌いだというのは何度も書いたのでもう書かない。禁煙してるので煙草を強請る乞食みたいなオッサンにも絡まれず、それなりに心穏やかな一日を過ごすことができた。やることもないので、…

一冊の本には多くの人生が関わっている。

今日は図書館行ってきたの。それで本を借りて読んでいるのだけど、色々と思う所があるからそれを書こう。 今読んでいるのは呉智英の「大衆食堂の人々」。60年代の思想などに興味がある。安保闘争とかその頃である。呉智英はその年代の思想家で、現代でも一…

村上春樹の『約束された場所で』を読む。

wakarimasita of Flickr 「約束された場所で」は村上春樹が2001年にオウムの元信者たちを取材したノンフィクション作品である。村上春樹はこれ以前にも「アンダーグラウンド」として、地下鉄サリン事件の被害者たちの生の声を取材したノンフィクションを…

『新しい文章力の教室』はwebで文章を書く人は必携の一冊である。

僕も毎日ブログを書くけど文章力の無さにはウンザリしていて困っている。物書くための情報はたくさん仕入れている。良さそうな本が紹介されていたので書かせてもらおう。 www.hitode-festival.com ゆるふわ愛され系ブロガーのヒトデ氏が紹介していた、「新し…

活字中毒者の悦楽。kindle unlimitedで12万冊読み放題。

いやー、以前から気になっていたけどやらなかったkindle unlimitedだけど、見てみたら小説系も結構な数を取り揃えているんでやってみた。 小説も書くんで、インプットの為に結構な量の本を読まないといけないのだが、しがない年金生活者のため本を買うような…

『勝ち続ける意志力』(梅原大吾)読了。

勝ち続ける意志力 (小学館101新書) 作者: 梅原大吾 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2012/04/02 メディア: 新書 購入: 24人 クリック: 449回 この商品を含むブログ (72件) を見る 梅原大吾は、ギネスブックにも乗っている世界で一番長く稼ぎ続けているプロ…

プライバシーポリシー免責事項