超メモ帳(Web式)@復活

小説書いたり、絵を描いたり、プログラムやったりするブログ。統失プログラマ。


SPONSORED LINK

第二回目の沖縄旅行の総括。

f:id:yuki_2021:20190707215751p:plain

今日は沖縄旅行に行ってきたので総括で。


7月4日から7月7日に掛けて、彼女さんが新潟から沖縄に来ていたので一緒に沖縄旅行をしていた。まぁ熱心な読者諸氏ならばこのブログの、今日の徒然でその日の旅行の写真と寸評を報告していたのでご存じであろうが、今日はその沖縄旅行の総括をして参ろう。


今回の旅は8月終わりから9月頃に旅を予定していたのだが、僕の仕事の都合上、どうしてもその日には行けなくなったのでその代わりに飛行機の予定などを変更して7月頭で沖縄を旅行しちまおうという強行軍から実行された旅であった。


まー、前回の沖縄旅行はこちらのエントリーで書いてある。


www.ituki-yu2.net


前の旅では南部を中心に回ったので美ら海水族館などに行く事ができなかったんですね。なので、今回は中部辺りに宿を取って、中部と北部を中心に攻めてみた。


今回の旅のメインは美ら海水族館であった。写真を色々と撮ってきたので貼っておこう。









churaumi.okinawa


美ら海水族館は言わずとしれた沖縄有数の観光スポットですね。やっぱ相当良かったではあるんですけど気をつけた方が良い事もあります。土日休日は多分、まともに水槽を見る事もできないぐらいに人が居ます。今回、僕らが行った日は金曜日でしたけど、それでも相当に観光客が大量に押し寄せていました。平日でこれなので土日休日は、多分想定出来ないぐらいに人が押し寄せていると思われます。美ら海水族館に行きたいならば平日ですね。


美ら海水族館の近くに備瀬のフクギ並木があるので、そちらの方も観光してきた。







www.tabirai.net


備瀬のフクギ並木はパワースポットと呼ばれているようですけど、その根拠が「福木」だからという曖昧模糊なやつなんで、僕はそれほど信じてないです。でも、彼女さんと二人で幸せになるために観光が出来たならばそれでも良いです。


備瀬のフクギ並木は相当歩きます。軽く5kmぐらいは歩かせられまして相当疲れますので、お手軽に観光したい人は入り口付近のレンタルサイクルを借りた方が良いです。何も考えずに歩き始めると、相当な距離を彷徨わせられる事になります。


3日目は彼女さんに僕のよく行くカフェの案内をしてやった。「原点」と「テットウコーヒー」の2カ所である。




この2カ所についてはこのブログの他のエントリーで紹介してある。


www.ituki-yu2.net


www.ituki-yu2.net


こちらは僕が彼女さんに紹介してやりたかったカフェですね。彼女さんにも大層気に入って貰って、こちらもほっこりである。どちらも接客と味とも一級線のコーヒーショップですよ。


その後は、最近、沖縄でオープンしたばかりのパルコシティーに行ってきた。



いやー、すげーっすねあそこ。ライカムもそこそこ洒落にならないぐらい広いんですけど、パルコシティもそれに並ぶ程度には広かったです。中には沖縄初進出の店舗が色々とあって、今時のナウなヤングがぞろぞろと集まってるぽかったでした。彼女さんと今話題のタピオカドリンクでタピろうとしたんですけど、とんでもない行列が出来ていて挫折。タピるのはまた次の機会にすることにしました。


彼女さんとはパルコシティの中にある和カフェ「nana’s green tea」に行って参った。



本格的な抹茶を使ってるぽかったですね。他にも抹茶と和三盆のセットなどもあったりして本格的な和風の趣がある店でした。なんか、色々と軽食も食べられるみたいで色々と他にも試したい店でしたよ? パルコシティに行ったときは訪れても良いかもしれません。


今回、パルコシティで大発見だったのはこちら。



パンダエクスプレスっていう、アメリカンチャイニーズのお店があるんですよ。アメリカンチャイニーズというのはアメリカ人向けに改良された中華料理のお店。


www.pandaexpress.jp


なんか、全体的に茶色っぽいし、食事の出し方も器にどかっとぶち込んでエサでも出すような感じなんですけど、このアメリカンチャイニーズ、美味しいです。


彼女さんが「アメリカンチャイニーズ、日本から世界へ『モンゴリアンポーク』」ってキーワードで大爆笑してしまって、ネタのつもりで訪れたパンダエクスプレスでしたけど、ここの料理は本物ですわ。アメリカ人向けに合理的に器などは改変されているんだけど、料理自体は本物の中華。癖になるような本物の味でした。


4日目は彼女さんが帰るという事で、朝早くから那覇空港を訪れておった。



またしても那覇空港で別れがたいカップルの図を演じてしまうのであった。毎回やってるのに飽きないな。


彼女さんは10月にまた沖縄に来て、沖縄移住のための事務手続きを色々とやっていく予定だそうだ。僕も一緒に住めるように部屋の片付けなどをいろいろとやっているところである。早く、二人で沖縄の色んな所を回れるようになれば良いのになーと思うところである。

プライバシーポリシー免責事項