超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

Mondo Rescueのインストール


自宅ルータをCentOS5.7を古いノートパソコンにインストールして自作したのだが、すぐに不具合が発生しそうで怖い。なのでDVDにでもバックアップしておこうかと思う。
backupツールとしては、Mondo Rescueなるソフトがisoイメージに圧縮できるなど、良いらしい。


[ThinkIT] 第1回:オープンソースMondo Rescueによるバックアップ手法 (1/3)


ひとまずインストールして、バックアップをしておこう。

バックアップ


バックアップ先ディレクトリを作成して、そこに4.2GBで分割したフルバックアップのisoイメージを作成する。

# mkdir /var/backup
# mondoarchive -Oi -g -L -N -s 4200m -d /var/backup -E /var/backup

オプション 意味
-Oi isoイメージを生成
-g GUIを出力
-L lzoを利用して圧縮を行う
-s メディアサイズを指定、ここでは4.2GB指定
-d バックアップを出力するディレクトリを指定
-E 除外ディレクトリを指定


[ThinkIT] 第1回:オープンソースMondo Rescueによるバックアップ手法 (3/3)


あとはバックアップしたisoイメージをcdrecordで焼き付ける。

# cdrecord -scanbus dev=ATAPI
# cdrecord -v -eject -speed=8 dev=ATAPI:0,0,0 /var/backup/mondorescue-1.iso


レストアするには、このDVDからブートしてnukeとすればよいらしい。


■参考サイト様
[ThinkIT] 第1回:オープンソースMondo Rescueによるバックアップ手法 (1/3)
CentOS: MondoRescueの導入 | 自転車で通勤しましょ♪ブログ

プライバシーポリシー免責事項