超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

いまさらだけど自分もとりあえず一言二言、PHPについて言わせてもらう。


404 Blog Not Found:そろそろPHPに関して一言いっとくか


子飼弾さんのエントリーより、まぁ、いまさらだけど尻馬に乗ろうという魂胆です。ネタが無いとか言うな。

PHPは勉強しやすい。

PHPは、C言語出身者にとっては非常に使いやすい。

逆もしかり、PHPからプログラミングをはじめると、C言語系から生まれた言語はなじみやすいと思う。

HTMLを理解できている人なら、PHPは初めてのプログラミングには最適ではないかと思うのです。

標準関数が幅広い。

プログラミングで壁になると思われるのが、DBの使用とかになると思うのですね。

んで、MySQLとかを使う段階になるとPerlなどのスクリプトではDBIライブラリの導入が必要になってくる。

PHPだと、標準関数でこのあたりがカバーされているのが良い。(普通はPear::MDBとか使うけど)

とりあえず、マニュアル片手に素人でもWebアプリが作れちゃうのが魅力だと思うのですよ。

ユーザ層が薄く広い

と思う。(脳内調べ)



ハイここからはPHPの悪い点。

PHP村で完結しちゃってるんだよね。

PearにしてもPHPで全部作られているし、拡張するにもC言語から作ろうというPHPerは数少ないかもしれない。Peclは使う気がしないし。

Railsみたいなかっこいいフレームワークが無い。

Symfonyとか、Zend framworkとか、CakePHPとかあるけど、ブレイクスルーしそうなフレームワークが無い。

MVCの区別がノーマルに無いのは、大規模開発ではデメリットだよなと思う。

オブジェクト指向が中途半端(PHP5ね)

なんでextendsが、一つのクラスしか適応しないのかは理解に苦しむ。複数組合わせられてのオブジェクト指向じゃないの?

try/catchが無意味。javascriptほどの機能を望むわけではないが、まったく使う意味を感じない。if文使うのと変わらないもんなぁ。


大体こんな感じ。

プライバシーポリシー免責事項