超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

【9月号】今月も林先生の精神科Q&Aまとめの日になりました。

f:id:yuki_2021:20170907222416j:plain:w300


今日、外出先で献血車が来てたからいっちょやってみるかな?って感じで献血に参加しようとしたんすよね。初めて知ったんだけど、統合失調症患ってると献血ってできないんだね。考えてみるとそうか、抗精神病薬は常に血中濃度をある程度安定させていないと陽性症状が発生するからな。医者が話すには寛解して薬飲まなくても済む人ならば献血できるんだってさ。別に僕はそこまでして献血したいとは思わんよ。身近な所で社会参加できるかなぁと思って気まぐれでやってみようとしただけだもん。ま、僕も結構、世間様から助けてもらってますからな。お返しの意味で参加できるボランティア活動に参加したりする事もあるんだ。


Dr林のこころと脳の相談室


yuki-2021.hatenablog.com


さて、毎月5日は林先生の精神科Q&Aの更新日。精神科Q&Aのまとめはこのブログのメインコンテンツだ。結構、読者からの人気が高い記事なんだよね。僕のブログはGoogle先生からは林先生の精神科Q&Aまとめブログとして認識されている。でもまぁ、過去に書いた技術記事に対する流入も結構あるからな。僕のブログのアクセス解析では60%ぐらいはGoogleからの検索流入。その次にはてなブックマークはてなブログとアクセス順位が続く。リピート率も60%ぐらいはあるから安定したブログ運営が出来ているんじゃないかなと思われる。


さっさと独自ドメインに切り替えてドメインを育てるようにしたほうがいいのかなぁ?最近、はてなブログProが30日無料キャンペーンしてるじゃないっすか? 別にProの費用に関しては、月々で入ってくるアフィの代金でペイできる程度は稼げてる。後は僕のやる気次第なんだよな。あんまりカスタマイズに時間かけたい気分でもないが、Proに変えれば運営の広告を消せるから稼ぎも増えるだろう。今週末ぐらいProに変更してみますかね。


さて、じゃぁ林先生の記事ではやってるいつもの書いときます。


yuki-2021.hatenablog.com


ご自身の精神状態のトラブル、お悩みなどありましたら精神科を受診しましょう。webだけで判断して治療を避けたりするのは病気を拗らせる原因となります。webには根拠の薄いデマが溢れています。林先生の精神科Q&Aにも同様の問題点があります。ご自身の問題はきちんと現実のお医者さんに相談しましょう。


ネットに流れている医療情報はデマだらけということです。このあたりを参考してもらったら分かるかな?


yuki-2021.hatenablog.com


yuki-2021.hatenablog.com


yuki-2021.hatenablog.com


そいじゃま、さくっとまとめに入ろうかな。タイトルだけピックアップするから内容を読みたい時は林先生のサイトで頭の「【3517】」って番号を検索してもらいたい。林先生のサイトは実は直リン禁止なんすよ。手間を掛けるけどよろしくお願いしますm(_ _)m


【3517】集団で私を見てあざ笑う


何故か集団ストーカーで悪者にされるのは創価学会なんだよね。これは歴史的な経緯があってさ、webで「集団ストーカー」って言葉が流行り始めた時の第一世代の大手サイトが犯人としていたのが創価学会だったんだ。それから口コミで広がり続けて集団ストーカーの犯人は創価学会ってことになっている。統合失調症の妄想と創価学会を分析した記事では下記が詳しい。


matome.naver.jp


「集団ストーカー」とか「ガスライティング」で検索してもらえばいいけど、既にGoogle検索ではビリーバーが占拠状態でまともな意見を探すほうが難しい。僕もかつて集団ストーカー妄想と戦っていたものだから抜けるまでに結構苦労した。まぁ、信じるのは勝手だけど薬はちゃんと飲んどけ。そのうち気にならなくなる。


【3531】マンション住人からの音による嫌がらせや電磁波攻撃を受けるようになりました(【3303】のその後)


これも同上かなぁ。最近の統合失調症の妄想のはやりは電磁波犯罪とかテクノロジー犯罪らしいんだ。多分、大手の当事者サイトがあってそこで仲間が集まってるんだと思われる。大概の場合、陰謀論も一緒に拗らせていて犯人はアメリカ政府やフリーメイソンや宇宙人である。地震兵器HAARPとかもこのクラスタは大好きで良く話題に登る。


こういう統合失調症の妄想は昔は狐憑きとか悪魔の仕業だったんだ。昭和初期ぐらいの記録を読むと電気を犯人にしている当事者もいるね。このあたりが電磁波犯罪の走りだろう。こういう妄想の対象は歴史とともに入れ替わる。最近ではITが進んできたからテクノロジー的なものが畏怖の対象になってるんだろうな。


不思議なのはこういう完璧に妄想にハマりきった奴がなぜ、林先生の精神科Q&Aなんて真逆の立場のサイトに相談なんてするかなんだけど、林先生はこれに対して「病識はないけど病感はある」って説明をする。


認識では身の回りで起こるおかしな事は陰謀論の相手の策略だ!ってことになってるんだけど、なんとなく自分でも理屈が矛盾だらけで「ひょっとしたら病気なんじゃないか?」って疑問はあるんですな。だから、精神医療は信じてないけど精神科にやってきて治療に結びつくことがある。医者はこの機会を逃さずに投薬医療に結びつけて、やがて妄想が収まるのを待つのを常套手段にしている。ま、上述してるけど統合失調症は薬はちゃんと飲めばなんとかなるんですよ。


【3535】無意識の独り言を幻聴だと勘違いしていた


幻聴やら幻覚を見た人しかわからんのだが、本当の音みたいに恐ろしくリアルなのよ。本当に声が聞こえるんだけど、どうもあれ自分で口に出しているらしいのね。


当事者だから何となく感覚が分かる。ひどい時は訳わからん呪文みたいな独語してたもん。勝手に喋って本人でそれを聞いて恐怖するみたいな感じのようだ。こういう無駄な知識は面白いが何の役にも立たないな。まぁ、かつて自分が恐怖していた対象が分かって納得した。




今月はこんな感じ。それじゃまた来月。


プライバシーポリシー免責事項