超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

精神に負担をかけないWebプログラマの働き方を考えてみた。

f:id:yuki_2021:20171018233720j:plain:w300


毎日、仕事やってんだけどさ、やっぱし「こんなん余裕だろチェケラッチョ☆」みたいなふざけた態度でやってたら痛い目見るね。僕はサーバサイドエンジニアだって面接の時に散々アピールしたのに、ほぼ完全に忘れ去られてる。今やってるのはjQueryなんぞを使ったフォームの例外処理。僕はWebプログラマ一筋で10年ばかしキャリアを積んできてるんすよ。だからPHP使ってサーバサイドのプログラム組んだりするのはほぼ手なりでドキュメント見なくてもスラスラ出来る。だけど、最近のWeb開発ってのはフロントエンドでなんやかんやするのが主流になってんのね。jQueryの基本なんかは勉強しているから読むことは出来るけど、これで動作するシステム開発しろって言われると途端に学食に一人で放り込まれたキョロ充みたいになっちゃうんすよ。あと、Webデザインも僕が勉強していた時期のはやりのデザインって角丸レイアウトですぜ? 最近のレスポンシブデザインを一から作れって言われると無理。Bootstrapあたりを引っ張ってきて誤魔化すことは出来るけど、これで一人前のwebプログラマ名乗るのはかなり苦しい。やっぱ、休んでいる間に何か勉強すべきだった。


お客様の中に最近のWeb開発をご存知の方はいらっしゃいませんかね? 最近のフロントエンド周りとWebデザインを学べるサイトなりって無いですかね? 最新の技術をフォローアップする必要が出てきたんだよね。amazon辺りで書籍を漁ってみると下記なんか良さそうだった。早めに買って勉強しよう。泥縄なんだけど今の仕事で求められている技術ってフロントエンドとかWebデザイン寄りなんだよね。



現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]

現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]


使える技術の勉強は、基本的な知識を手に馴染むまで繰り返しコーディングする事でしか得られない。それこそコピペなんてして作ったもんは自分でも意味不明になる。技術書は2~3冊を擦り切れるまで読み込むのが正しい。最新知識じゃなくて枯れた技術を身体で覚えて場面場面で応用できるまでマスターするのがプログラマの勉強。一生プログラマやろうと思うならば、勉強も一生続く。


そのうちフリーランスになろうと思うんだったらフルスタックエンジニアぐらいの総合力は求められるわけだから、今の環境は理想的だな。開発部が小規模でWeb素材の作成からHTML/CSS、フロントエンド、サーバサイド全部やってる。久々の鉄火場だ。中小企業をメインで戦うシステム屋ってのはこういう理不尽な仕様のなかで、いかに少ないリソースを割り振って現状を最適化するかが腕の見せ所だからな。今までのキャリアの中で散々経験してきたからよく見た光景だ。僕もエンジニアとしては中堅ぐらいの年齢にはなってますからね。ぐいぐい周りを引っ張っていくぐらいの勢いで仕事せにゃならんでしょう。


しっかしまぁ、こんなこと書いているけど、障害者雇用での採用だからな。立ち回り方も考えないといけない訳ですよ。僕は割とワーカホリックなもんだから、後輩とかの仕事も全部引き受けたせいでサービス残業やら休日出勤を普通にやってしまって病気発症させてますからね。


上司からもよく休憩するようには散々言われているんですよ。だけど、中途半端なやりかけの仕事で休憩すると、かえって集中力が散漫になってやりにくいなーってのが感想。仕事のやり方を変えないといかんな。


ライフハック界隈で有名な仕事術で「ポモドーロテクニック」って方法がある。


www.lifehacker.jp

  1. 達成しようとするタスクを選ぶ
  2. キッチンタイマーで25分を設定する
  3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する
  4. 少し休憩する(5分程度でOK)
  5. ステップ2~4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する


細切れに仕事を分割することで集中力を持続させる仕事術だ。単純なキッチンタイマーさえあれば出来るライフハックだ。


色々とアプリがあるみたいだけど、多機能なのはいらんな。今日、とりあえず入れてみたアプリはこいつ。



ポモドーロテクニックを習慣化してしまおうか。精神に負荷を掛けない働き方ってのが求められているからね。ライフハック界隈を再び彷徨うとしよう。

プライバシーポリシー免責事項