超メモ帳(Web式)@復活

小説書いたり、絵を描いたり、プログラムやったりするブログ。統失プログラマ。


SPONSORED LINK

「残酷すぎる成功法則」(エリック・パーカー著 橘玲監修)を読んだ。

f:id:yuki_2021:20190408214404j:plain

「残酷すぎる成功法則」(エリック・パーカー著 橘玲監修)を読んだ。


残酷すぎる成功法則  9割まちがえる「その常識」を科学する

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する


例によって読書メモを取りながら読んでいたので、そのメモを貼り付けて参ろう。

  • 成功するには環境の中で自分がどの標準偏差の場所に居るのか注目する。一般的なエリートタイプは平均的に好成績をとれるので標準偏差の中央付近に居るけど、アーティストタイプは外れ値の部分に居る。突出した能力を持つ人は、他に出来ないことがあったりする。むしろ、天才的な人は並外れた欠点をもっているからこそ、置かれた環境に適応出来たときにすさまじい力を発揮する。エリートタイプは何でもそつなくこなす代わりに大成功はしない。自分がどのタイプか把握して、自分に合った環境を見つけるのが成功のコツである。
  • 対人関係では、最初の方は相手を騙して奪うプレイヤーが有利。しかし、奪う人が増えていくと社会的に誰も信用できなくなって幸福度が下がる。(世界一不幸な国 モルドバ)
  • 与える者は、最も成功するか、一番貧しくなるかのどちらか。与える者はやがて多くの見返りによって奪う者を逆転する。ただし、自分の身を削ってまで与えてはいけない。
  • ゲーム理論で一番有効な戦術はしっぺ返し。最初は信用するけど、やられたらやり返す。対人関係においてもこの方法は有効であると思われる。
  • 継続するためにはポジティブな言葉を内面で話し続けること。ポジティブなストーリーを持っている人は心が折れない。グリッドをもって継続し続ける事が成功することに繋がる。
  • ゲーム形式を取り入れること。仕事にゲームの要素をとりいれることでグリッドが上昇する。ゲームには4要素がある。
  • 無駄なことは諦めて、有効に使える時間を増やすこと。何かしら悪いことがあった会社でも、負債となる事業を切り捨てる事で黒字回復する。個人においては時間のリソースを有効に活用できるように無駄なことはやらないようにする。
  • 外交的な方が給与や役職などで上まで上り詰める確率が高いけど、内向的な方が一つの分野を極める可能性が高い。アスリートなども内向的な人の方が多いらしい。
  • メンターを見つけること。役職がついたりだとか年をとったとしても、色々と教えてくれる人が居れば人は成長し続ける。
  • 攻撃的な交渉による解決方法は自分にも損害を被る。なるべく相手を信頼して、双方が納得いくような解決方法の方がWin-Winの関係を築ける。
  • 情報化が進んだ現代社会において、相対的な幸せを求めるのは終わり無く走らされる事になる。自分で、どういう事があれば幸せなのか設定しておき、そちらを目指すのが選択として良い。
  • 幸福感というのは自分で自分の行動を決定しているときに生まれてくる。何をするのか計画を自分で立てて、それを実行しているときが幸福度が高い。まずは自分の時間割を書き出してみて、改善できるところを探す。
  • 成功の条件は人によって異なる。自分が満足できる結果を残せばそれは成功である。たとえ人からつまらない様な結果であれど、自分が納得出来れば良い。


最後に全体の総評なんかについて書いていこう。


エビデンスベースで実際に効果がある理由を説明しながら納得させる成功読本。まぁ、実際に紹介されている方法は参考になるけど、かなり文章の書き方がくどい。章の始めにその理屈を紹介するのに有効だと思われる事例なんかを紹介してくれるんだけど、その事例があんまり納得できる話を選んでない。SEALDsの水中爆破訓練の話で継続力の話だったり、大学を中退してカンフーの修行に出た大学生のはなしで違う行動を模索することなどで、まぁ意味としては分かるんだけど、話としてあんまり腑に落ちないたとえ話が出てくる。


でも、成功読本として、どういうことについて考えて頑張れば良いのか?みたいな理屈は間違ってない。特に最終章での、人生における成功は相対的ではなく、その人その人が絶対的に選んだ基準により決まるみたいな話は目からうろこだった。他には引き寄せの法則が間違っている理由などをエビデンスベースで解説してくれる。


まぁ、読み物としては面白かったけど、すぐ読んで理解できる成功読本か?といわれるとちょっと難しい気がする。いや、理屈そのものは間違ってないんだけど、文章が頭にすっとはいてくる様な本では無くて、メモなどを取りながらなんとなく理解できるって感じ。実際に途中まで読んで意味が分からなくなって、何度か繰り返し読んでいる。


んー、Kindleアンリミテッドで読めるので、契約している人は読んでみても良いかもしれない。読み通して良いと思うなら実際にKindle版を買えば良いだろう。



残酷すぎる成功法則  9割まちがえる「その常識」を科学する

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

今日の徒然


先週の金曜日に仕事をさぼりすぎて週初めからまずいでざんす。別にタスク自体が結構な容量を持ったタスクだったけど、今日は一日中仕事をしていた。


んー、仕事をさぼるのはいけないね。ポモロードテクニックを使って休み時間と作業時間を明確に切り替えて仕事しよう。後はツイッターとかはてなブログも簡単に開けないようにタブは閉じてないといけないね。今日読んだ残酷すぎる成功法則であったけど、Googleがやってる20秒ルールってやつで、20秒のうちに仕事を始められる準備と、集中を阻害する要素を20秒ブロックできる工夫をすることで集中力が上がるんだってさ。


僕はまぁ、仕事が好きなので、日中は仕事に集中しようと思う。

プライバシーポリシー免責事項