超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

反精神医学を話してみようか。

f:id:yuki_2021:20170124160326j:plain:w300


那覇新都心「三竹寿 真嘉比本店」のつけ麺。ここのつけ麺は本当に美味しくてね、お気に入りの飲食店トップランクに入ってる。魚介系のつけ汁が美味しくてスープ割りで全部飲んでしまう。沖縄で一番つけ麺が旨い店だと言われてるね。僕は東京に住んでいたこともあるんだけど、三竹寿は普通に東京で通用するぐらいのレベルだと思う。地図も付けとくので沖縄にお越しの方はどうぞ。



さて、ネタ切れ。なんか身の回りで書くことないかなーと探してみたけど極めて平々凡々な日々。仕方ないので最近読んだ記事で気になった内容でも取り上げよう。


www.excite.co.jp


ブログ巡回中にオープンダイアローグなるものをちらっと読んでね。興味を惹かれた。統合失調症をカウンセリングで治してしまうんだってさ。普通、統合失調症は脳の病気だからカウンセリングは効果ないってのが定説である。だけど、フィンランドでは統合失調症をカウンセリングで治してしまうんだとさ。なんか凄そうでしょ?


斎藤環氏が本出してるぐらいだから多分、トンデモとか疑似科学ではないんだろう。でも斎藤環氏は医者というよりは作家に近い精神科医じゃないかなーと思うから効果の信憑性は半々ぐらいだ。本も読まずに判断はできないから断定は下さない。でも興味深いから図書館にリクエストしておこうかな。


ただ、オープンダイアローグで警戒しないといけないのは、表面だけを取り上げて断薬は正しいと言い始める奴が出てきかねない事だ。上記の記事でも書いてあるけどさ、オープンダイアローグでは医療関係者が監視して、場合によっては投薬治療もするプログラムらしいよ。表面上だけ取り上げて、統合失調症と診断されているのに断薬してカウンセリングだけで治療しようとして再発させるやつが必ず出てくるだろうなぁと邪推できる。


このブログでは何度も書いているけどしつこく書いておこうと思う。統合失調症患者が断薬すると2年以内に80%が再発する。薬を飲まずに何度も急性期を繰り返していると、やがて脳が萎縮して薬を飲んでも回復しないようになる。何を根拠に自分が再発しない20%に入ると確信してるのか知らないけどさ、人生かけるには分が悪い賭けということは断言しておくよ。最近、身近でも断薬論者が居てね、一応警告はしておいた。こういう人たちは本人が断薬するだけなら飽き足らず、周りの人にまで断薬を勧めるからね。本人が一生閉鎖病棟で過ごしたいとかいうなら別に他人事だから僕もそれほど強くは言わない。だけど、他人に勧めるということはその人の人生まで責任を持てるのか?という問題になってくるからね。こういう奴は見かけたら全力で否定することにしている。これは大真面目に人助けだと思ってる。


オープンダイアローグはフィンランド辺りの治療法であるから反精神医療の思想も汲んでいるんじゃないかな? イタリアの反精神医療の流れについては下記が詳しい。


synodos.jp


反精神医療が精神病当事者たちが社会的地位を取り戻すための社会運動だったというのが分かる。日本でも精神病院は簡単に入院できるけど退院できないことを取材した「ルポ・精神病院」という本がある。まぁ、社会運動としては一定の効果はだしているんじゃないだろうか? 日本でも明治33年制定の「精神病者監護法」では座敷牢が普通だったけど、1996年に発表した「障害者プラン。ノーマライゼーション7か年戦略」では障害者の地域への復帰までを取り扱うようになっているからね。ノーマライゼーションの思想を世間に普及させたのは反精神医療の功績だったと思う。


精神障害者は20世紀をどう生きたか


これでめでたしめでたしで良いんだけど、世間には反精神医療を食い物にしている連中もいるので警告しておく。


名指しで指定するならば内海聡である。こいつは日本の反精神医療の思想に対してただの後ろ弾を放っているだけなので真面目に相手してはいけない。悪評はwebで調べれば幾らでも分かるはずだ。淡路島 5人殺害の容疑者が内海氏の医療忌避本を読んでたり、障害児を産んだ親に対して「一生かけて反省しろ」というなどと暴言を吐いたりする。反医療では有名な知る人ぞ知るヲチ案件である。だいたいこの人は専門は消化器系であるはずで何故専門外の精神医療を否定しているのか理解できない。やたら海外の医療論文の細かい所を取り上げて極論を吐いているが、この手の発言に対しては僕は医療論文を読む知識も時間もないので、医療現場の人達の反論に任せよう。一言でこの人を分かりやすく否定するなら、思想が雑誌・ムーを愛読している人と同質であるということである。と学会の山本会長がまとめているので取り上げよう。


togetter.com


こんな感じ。陰謀論ならなんでもありである。ケムトレイルを実在すると言い切る辺りでトンデモ本愛好家なら大爆笑できるのではないだろうか? 信者がやたら多いので正面切って喧嘩するには面倒くさいのだが、地頭がないのに不特定多数に暴言を吐きまくるので勝手に自滅している。最近、Facebookも利用停止されたらしい。遠くから観察しているだけでも見えない仮想敵と戦争している姿を眺めることができる。発言も香ばしいのでヲチ案件としては優秀な方だろう。まぁ、この人は悪質なデマを撒き散らしまくるので真剣に考えると放置するとヤバイのかなーとは考えているのだが、でも普通に自滅しているのでほっておいても大丈夫だろう。

プライバシーポリシー免責事項