超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

【質問箱への回答】同人誌は書いたこと無いけど寄稿したことはあります。

f:id:yuki_2021:20171216234935j:plain:w300


さて、昨日は歓送迎会だったんだけどさ、なんとなく社風というかこの会社の欠陥みたいなものも見えてきたな。営業が中心だから体育会系の社風なんだよね。新人は酒をついだり、食べ物を運んだりしないといけない。まぁ、僕は中途採用で歳を食っている上に障害者雇用なんでそういう事は強要されないんだけど、若い新人が頑張っているのに新しく入ったばかりの僕がどっかりと座り込む訳にもいかない。こういう会社主催の飲み会ってのは仕事の内である。


僕は前職ではこういう場で酒を作ったりとか飲み会の幹事をすることが多かった。今の会社では昇進に色気はないけど、役職やら昇給狙うんだったら、飲み会の席で普段会えない上層部の上司に顔を売っとくのは基本だよね。まぁ、サラリーマン的な立ち回り方は分かるんだけど、若手にとって嫌な年上にはなりたくないから酒ついで回る時も話を合わせるだけにしている。大体、障害者雇用だからこういう所で全力ってのもあんまり空気読めない行いだと思う。


仕方ないから他の開発の人と隅っこに固まって話してた。話を色々と聞いていると問題も見えてきた。自社開発を始めて4年目ぐらいの会社らしいので上流工程もこなれていない。僕もソースコードをみていて思ったけど、出来る人と出来ない人の差がありすぎる。プロジェクト管理を主任一人がやっているものだからそちらがボトルネックになっている。しかも主任はプレイングマネージャーでやっている。これは上流工程が分かるSE経験者を雇うなりしないとデスマーチ化し易いんだよな。理想としてはアジャイル開発を取り入れたほうが良いんだけどそういう知識も無いみたい。僕は中途採用で上流工程も経験してきているから期待されているんだけど、どこまで口を挟んで良いのか悩むんだよな。立場としてはまだ試用期間中のパートなもんだからあんまり手の内を明かすのも宜しくない。来年からの正規雇用は決まったんだけど、半年毎の契約更新で進めていく契約社員らしいんだよな。狙うんだったら正社員だから、仕事の上で有能さをアピールしながら交渉していくのが正しい身の振り方だろう。来年からは本気出す。


さて、今日の本題は質問箱の回答を前倒しでやっとこう。前に日曜日にまとめて答えるって書いたけど、予想以上に質問が集まりすぎちゃってな、一日分の分量で答えるには辛い。嬉しい悲鳴である。だから、明日も答えるけど早く着いた3件ばかし今日で答えておこう。

質問じゃないけど、ゆきにーさんのブログに対するスタンスに共感しています。匿名じゃなくて名前を出して言え、って話ですが……。


いやー僕なんか全然っすよマジで。褒められると照れちゃう。


ブログの上での目標は、万人受けじゃなくて読んでくれた数少ない一人の心を揺らすって事だからホント理想的なコメントを貰えています。ありがとうございます。

今は統合失調症の症状はまったく出ないのですか?


今は全然普通そうにみえるけど、一番ひどい時は自動車で壁に突っ込む自殺未遂で警察呼ばれて、そのまま医療保護入院になっている。保護室にも入れられていたし、閉鎖病棟にも半年ぐらい入院している。


一番きつかったのは陰性症状で寝たきりになってた時。なんとか退院できて家に居たんだけど、一日14時間ぐらい寝て、食事するか寝るだけの生活を送っていた時期があった。これが1年ぐらい続いた。冬になるとやっぱり活動量が落ちるので、今では意識的に外に出るようにしている。


現在は陽性症状も陰性症状も出ないね。でもやっぱり健常者と比べると、思考力と集中力が落ちる認知障害に悩まされている。これは生活の工夫でなんとか対応しようとしている。生活習慣をルーチン化させてあんまり頭を悩ませないようにしたり、仕事でも休憩をこまめに取るようにしている。ブログを毎日書くのも工夫の一つですね。思考力のリハビリになる上にアウトプットの練習にもなるのでオススメです。

私も統合失調症です。その面から、あなたのブログを興味深く読ませていただいています。私はまだ学生で、だから社会に出るとどうなるのか全然想像できず、不安も大きいです。あなたのブログは、一つの道筋として参考になります。

ところで、私は友人とコミックマーケットなどの同人誌即売会に参加しています。ほとんどもうけは出ないのですが……。あなたは、そのようなイベントに出られないのですか?また、そのようなイベントに出ることをどう思いますか?


まー、この病気は病状そのものよりも社会生活への適応のほうが課題になる病気でしょう。不安になるのは仕方ないですね。社会復帰の一番の障害になるのは焦りです。これは今までバリバリ活動していた人が突然、病気になって働けなくなったりして、無理やりクローズで働こうとして病気を再発させる事が多いです。まだ、新卒チケットが使える学生さんなら運がいいかもしれません。就労移行支援で気長にオープンで仕事を探して、就職できた場所で経験を積んでいけば人生がより良いものになるはずです。


一応、絵を描いたり小説書いたりするから、同人誌は作ろうとはしてたんすよ。ただまぁ、沖縄だとコミケとかは無理ですね。コミケに行こうと思うと飛行機に乗らないと行けないんですよ。もし、売り手で参加するなら宿泊費と往復の飛行機代と印刷した同人誌を東京で預かってくれる友人なんかも用意しないといけないし、1回参加するだけで軽く10万近くは飛ぶかと。沖縄でも同人誌即売会はやっているんだけど、女性向けだった。男の友人二人で行って白い目で見られたことはある。


昔、文芸フリマに合同誌で参加したことはあるよ。ネット上で寄稿を募っているサークルがあったから小説を送ってみた。売り子として参加はできなかったけど、こういう形でならイベントに参加したことはありますね。あとは、東京に出向していた時に幕張メッセワンダーフェスティバルには行ったことはあります。コミケも死ぬまでには一度は行きたいんだけど、沖縄から参加するとしたら、数ヶ月掛けて格安飛行機予約するなどしないと恐ろしい額になりますね。


これ以降の質問への回答は明日やります。こんな感じでどんな質問でも答えていきますんで、気軽に質問箱まで。


peing.net

プライバシーポリシー免責事項