超メモ帳(Web式)@復活

小説書いたり、絵を描いたり、プログラムやったりするブログ。統失プログラマ。


SPONSORED LINK

平成最後の日に更新するエントリー。

f:id:yuki_2021:20190430215423p:plain

平成から令和へ。平成最後の一日。


さて、明日から5月ってことで今日が平成最後の日だ。なんか東京では大騒ぎになっていて、えらく物騒な事にもなってるようですな。


news.livedoor.com


なんか、サブマシンガン持った部隊が渋谷のスクランブル交差点で見張ってるとかえらいことになってるっぽいですけど、なんぞテロリストの犯行予告でもあったんでしょうか?


とりあえず、地方でぼややんと日常を過ごしている僕らのような人種にとっては、平成最後の日も令和最初の日も単なる休日ですな。平成ってなにがあったんだろう?と思い返そうとしてみますけど、別段年号が変わるからと行って思い出されるようなことはなにもなく、なんとなく薄暗い時代だったなーという思い出しか無い。これはこちらの方で書いたはずだ。


www.ituki-yu2.net


これに追記するような事なども無く、平成ってのは不景気の薄暗い雰囲気の中でもITテクノロジーの新しい発展が見られた年だったなーという印象。


明日から令和ということですけど、どんな元号になっていくんでしょうね? まぁIT職に就いている人間としては、元号改元とかトラブルの元でしか無く、早いところ全システム西暦に変えてしまえよと思うんだけど、やっぱ日本という国としては天皇の退位とか元号の入れ替わりとかは大きな行事であり、今上天皇が亡くなることもなく新しい元号に移行する事ができたのは慶賀すべき出来事だったんじゃ無いかと思いますね。


しっかしまぁ、令和に変わったからといって、僕ら平民には大して大きな変化はなさげだし、精々5月1日以降に生まれた子供たちや結婚したカップルが令和生まれと呼ばれたりそれぐらいの差異しかないんじゃないかなと思われる。でもまぁ、これでいいんじゃ無いかと思われる。現在の天皇制だって象徴天皇制なんだし、元号だって役所以外で実際のデータの整理で使ってるような企業って今更あるんだろうか? 普通、ITシステムはUNIXタイムでいろいろと時間の管理はしているものだし、大して世界的にはメジャーとは言いがたい日本の元号なんて、対応できるような企業はなかなか数多くは無いはずである。元号も象徴的な物となって今の旧暦みたいにカレンダー会社以外使わないものになってくんじゃ無いかな?


ま、兎も角、明日からは令和元年ですな。何か世間に擾乱があったからの改元とかでは無くなかなか平和的な改元ではあるし、この改元が元で騒ぎになって欲しくは無いし、令和の時代が平成以上に実りある時代になってほしいものだと思いつつ、今日の筆を下ろしたい。

今日の徒然


今日はダチ公とコーヒー嗜みにカフェに行ってきて、午後からはだらだらとしていた。カフェに付いては何度も行ってるカフェなんだけど、情報だけは公開しとこう。


まずは「原点」から。




原点さんの写真である。ザ・喫茶店という雰囲気の純喫茶で、鍛えられたマスターがお出迎えして丁寧な接客をしてくれるぞ。



tabelog.com


アイスコーヒーとホットコーヒーしかないけど、それぞれしっかりとドリップされたコーヒーで気持ちの良い雰囲気の喫茶店で飲んでるとリラックスできる。常連さんがいっぱい居るけど、別に一見さんで入っても邪険にはされないですよ。


次は「テットウコーヒー」。







tettohcoffee.com


本格的なスペシャリティコーヒーを出すお店。僕は結構気に入っていてたびたび訪れる。コーヒーの焙煎とかがすごくこだわっている感じで、サードウエーブっぽい焙煎の仕方から、コクが深い喫茶店っぽい焙煎まで幅広くやっている。それほど幅広く客を受け入れているというわけでは無く、隠れ家的な雰囲気のあるお店である。


今日はまぁ、こんな感じの一日でした。明日はランニングに行って、午後からスタバなりにこもって旅行期間中のブログ記事執筆活動に移ろう。あんま、サボりすぎるとブログ更新が途絶えてしまいますからね。ブログの毎日更新だけは鉄の掟なので、なんとか時間をやりくりしてこなして参ろう。

プライバシーポリシー免責事項