超メモ帳(Web式)@復活

小説書いたり、絵を描いたり、プログラムやったりするブログ。統失プログラマ。


SPONSORED LINK

【マシュマロの回答】奇数と偶数の好みを聞かれて数学の話。

f:id:yuki_2021:20190512220656p:plain

偶数と奇数のどちらが好きか?


さてー、日曜日はマシュマロへの回答の日です。今日は1件質問がきています。早速、答えて参ろう。


f:id:yuki_2021:20190512214223p:plain


偶数と奇数ねぇ・・・。自分、プログラマだけど数学がそんなに強くない。そもそもwebプログラマって組み込みとかああ言うのと比べると、数学的知識って全然使わないんですよ。僕は高校時代、数学と英語が苦手なせいで国立大学を逃したという過去があるんですよ。だから、未だに英語と数学はトラウマなんですけど、勉強し続けているという所があります。


プログラマの勉強については、ひたすら色んな所から情報を収集し続けていて、scrapboxなどにプログラマの勉強の仕方というページを用意して整理している感じなんですね。最近だと、このページなんかが参考になるなーと思っているところである。


anopara.net


プログラマ一般に必要な知識はまとまっていそうだなって所。究極的なことを言うならば、プログラマやるために何かしらの言語やフレームワークの知識なんて物はググるなりして現場で調達してもある程度までは補えるんだけど、コンピューターサイエンス的な知識というのは前もって準備しておかないと付け焼き刃では身につかない物なんですよ。だから、ソートの計算量とかアルゴリズムとかは基本情報技術者試験などではこれを中心に問われてくるんです。


僕はAIや機械学習なども最近やってみたいなーなどと思っているので数学は勉強しないといけないなって感じている。統計学などは大学の時に一応やってはいたんだけど、今ではその知識は全く忘却の彼方だ。なんなら数学の行列とか確率とかその辺りの数1・Aあたりの知識から欠如してしまってるなという感じ。


なので、結城浩先生の「プログラマの数学」と「数学ガール」シリーズを読み返そうかなーと考えているところだ。


プログラマの数学第2版

プログラマの数学第2版


www.hyuki.com


別に数学は苦手だけど、これでもプログラマの端くれなので数学書の読み方ぐらいは分かりますよ。数学書というのは他の書物などのように読み飛ばしながらだと分からなくなるので、頭からしっかりと全部理解しながら読まないと進められないんですよ。なので、ノートを片手に全部そこで理解しながらじっくりと読むのが数学書なんです。いまでは全く数学が理解できなくなっているので、プログラマの数学第二版からでも勉強し直そうかなと思っているところです。


あ、奇数と偶数では素数がすきです。ピンチの時は素数を数えて落ち着くようにしています。ブッチ神父はこう言ってます。「素数は1と自分の数でしか割ることが出来ない孤独な数字、私に勇気を与えてくれる」全部奇数なのに2だけ偶数って数字の不思議ですよね。(間違えたので id:watto さんに指摘を受けましたので直しました、多謝!)

今日の徒然


今日はダチ公と一緒に飯とコーヒー豆を買いに行ってきたぜ。とりあえず、行ってきた店の情報と写真を纏めて置こうかな。


GWに新潟旅行に行ってたんだけど、ダチの方は台湾に行ってたみたいだね。なので、お互いにお土産を物々交換するのとともに、適当にメシでも食いに行ってきた感じですわ。


メシは糸満インドカレー屋に行ってきた。場所は糸満西崎の「エムズカリー」。



tabelog.com






店員さんが忙しそうな感じだったね。結構、日曜日は客足が途絶えないみたいで、色んなカレーが売り切れになってました。今回、僕が頼んだのはパキスタンチキンカレーとインドチキンカレー。これにラッシーもつけて1380円ぐらいですね。味はなかなか良かったです。パキスタンチキンカレーがスパイシーですよと店員さんが言ってたんだけど、本当に辛かったですね。


店の裏手に駐車場があるんですけど、一見、無料駐車場に見えるところは別の会社の駐車場みたいです。有料駐車場に止めると、会計の時にその旨を店員さんに告げると100円キックバックしてくれます。1時間200円ぐらいの有料駐車場なので、それほどお金を使わずに車を止めることが出来ると思います。


その後、コーヒー豆を買いに那覇市首里金城町の「ローリングビーンズ自家焙煎珈琲工房」に伺ってます。


www.genki-okinawa.jp



ここの店長さんは頑固一徹にコーヒー一筋って感じの人でね、注文を受けてから生豆を焙煎し始めるスタイルを貫いている。生豆を焙煎している間、店長が淹れたコーヒーを頂くことが出来る。




コーヒーも丁寧に淹れられている。コーヒーの焙煎が終わるのを待つ間、机の上にある知恵の輪でも解いてみるのも良いかもしれない。ちゃんと知恵の輪を解いて、元の状態に戻せたのは1991年のオープン当時から10人ぐらいしか居ないらしいっすよ。知恵の輪を解いても特に何かのサービスが受けられるって訳じゃ無いですけど、名誉は受けられます。


こんな感じで、今週末は週末らしい週末を送ったね。来週に向けて鋭気を養えたかと思う。来週もまぁ、ぼちぼち頑張って参ろう。

プライバシーポリシー免責事項