超メモ帳(Web式)@復活

小説書いたり、絵を描いたり、プログラムやったりするブログ。統失プログラマ。


SPONSORED LINK

「マイル22」(ピーター・バーグ監督)を観てきた。

f:id:yuki_2021:20190119215502j:plain

質問募集


明日は日曜日なので質問を募集します。


marshmallow-qa.com


今週はまだ0件しか届いていないです。明日までに質問がなければひとまずみんなの質問から回答を行おうと思います。でも、質問があると嬉しいですね! 質問待ってます!


今までの質問はこちらから。


www.ituki-yu2.net

「マイル22」を観た


※普通にネタバレを書くかと思われます。まだ観てない方は退避してください。


今日は映画館にいって「マイル22」を観てきたんですよ。


徹底的にアクション映画だったね。監督のピーター・バーグ監督といえば、『ローン・サバイバー』(2013年)、『バーニング・オーシャン』(2016年)、『パトリオット・デイ』(2016年)なんかの社会派アクション作品を撮ってきた監督なんだけど、この作品においてもその手腕は生かされていると思う。


展開的には特殊部隊が国家相手に内部告発者を脱出させようとするものなんですけど、徹底的にドンパチしています。作品の半分以上は銃撃戦でズンドコ打ちあってます。なんか、ピーター・バーグ監督は社会派の監督らしいですけど、特殊部隊という浮世離れしそうなテーマを扱っても重量感のあるリアリティーを作れています。


この「マイル22」で出色だったのはイコ・ウワイスっていうインドネシアの俳優を使っているんですけど、この人のアクションがやばすぎる。完全に主人公役のマーク・ウォールバーグを食う勢いなんですよ。医務室で手錠で縛られて二人の刺客を相手に乱闘するシーンがあるんですけど、ちょっとありえん動きをするんですよ。クライマックスシーンでもマーク・ウォールバーグとイコ・ウワイスが背中を合わせて銃撃戦と乱闘をするんですけど、完全にイコ・ウワイスが全部持っていってます


ただまぁ、双極性障害でひたすら相手を罵倒しまくる主人公のキャラクター設定は面白いではありますけど、全体的にストーリーが途切れ途切れで繋がってないような印象を受けるような感じがします。特に、管理官チームが通信傍受されているのにそれに全く気がついてないまま全員殺されたりだとか、最後にチームが主人公を残して全滅するんですけど、序盤の作戦が原因でそれのもとになったロシア人の少年が存在感薄くて決定的なシーンで観客全員が「誰?」ってなります。


まー、ピーター・バーグ監督はボーン・シリーズみたいにこれをシリーズの始まりにして3部作を作るつもりらしいですね。ドンパチアクション系のシリーズの始まりとしては結構地味な気がしますけど、イコ・ウワイスみたいな人物を発見できたので僕は面白いと思います。

今日の徒然


今日は昼の12時まで寝てた。日常生活でエネルギー切れを起こしておりましてね、寝て回復しないとメンタルまで影響が出てしまう。


今日も近所の沖縄そば屋に行ってそば定食を食ってきた。



そば定食のトリチリセット。700円。トリチリがピリ辛でごはんがススムくん。そばもそれなりに本格的な出汁が使われている。ご飯にはアンダンスーが載せられている。この店では定食を注文するとご飯にアンダンスーを乗せるかどうかを最初に聞いてくるんですよ。ボリュームがたっぷりでお腹いっぱい食べられました。


その後、映画館に出向いて「マイル22」を観てきた。本編においてその感想は書いてあるはずである。


んー、それとしばらく色々と考えていたけど、pixivの百合小説コンテストに関してはリタイアします。なんかね、書きながら色々と考えていたんだけど、僕の小説ってのは本質的には自分が書くことを楽しむためのものであって、書くことが苦痛でメンタルの調子まで崩すような作品だったら書きたくないんですよ。


僕の執筆スタイルってのは、週末とかにちょっとづつ書き進めて、自分が楽しいと思うような作品を創作していくってスタイルなんですね。自分が読みたいものを、自分が書きたいように書いているだけなんです。究極的な事をいうならば、自分が書いていて楽しいものが書ければいいだけで、別に他人に読まれる必要もないんです。


今回、百合小説コンテストに参加して作品を書こうと考えて、プロットやキャラ設定を組み立てて、序文から徐々に書き進めているんだけど、内容がつまんなすぎて書いてて苦痛で仕方ない。キャラクターが動かない。主題にしているテーマがおざなりで陳腐で、書き進めるモチベーションも沸かない。


なんか、誘ってくれたシィータソルトさんには悪いんだけど、なんか、これをそのまま書き進めていると自分の創作のスタイルがおかしくなりそうな感じがするんでリタイアします。どうも、僕は自分の好き勝手に自分の好きなものじゃないと書けないみたいです。小説書いたりだとかイラスト描いたりだとかの創作は好きなんですけど、基本的には自分のための創作であって、何かの賞とか他人のためには書けないみたいですね。

プライバシーポリシー免責事項